Please reload

最新記事

スペシャライズド2019モデル展示会

August 30, 2018

1/2
Please reload

特集記事

お問い合わせあれこれ。MTB編

January 10, 2019

新年おめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

実は最近、特にスポーツバイクについてのご相談、お問い合わせが多くなっておりました。 

 

 自分は長年、スポーツバイクの仕事関係に携わっておりますが、思うにここ数年の中でも機材、ソフトを含め「今」が一番恵まれた環境下にあると思います。
そして、製品や色々な情報や機材の選択肢が多くなった反面、自分にとって最良の選択、判断が難しい事が多々あります。
 

 

そんな中で少しでもバイク、ライド環境改善のため、ヒントになれば良いのですが、ご一読ください。


今回はMTB編です。

①どんな状況でお使いになりたいのか?
>この数年バイクの進化、細分化が本当に進んでおります。
バイクのチョイスにつきましては、漠然とでも良いので「どんなシチュエーションでライドしたいのか?
と言ったご希望、予想などのお話がお伺いできると良いですね。

当店では大きく3ジャンルに分けて、お話をお伺いさせて頂いております。
   a) 競技目的、ライドイベント、ガイドツアー等で使いたい。
   b) 自分のペースでの里山ライド、林道サイクリング。

   c) 主にご近所や通勤通学、そして舗装路面ツーリング等でのご使用が多い。


②初めての方ほど「フルサスMTB」
>上記a,bでのご使用が想定される方には、ぜひ「フルサスペンションMTB」をお勧めいたします。
自分も恩恵を受けている一人でありmすが、近年のバイクは本当に性能が良いため、バイクが体力、経験不足を補ってくれる場合があります。
ライダーの個人差はありますが、以前に比べ短期間でコアなライドが体験できるようになります。

③エントリー系のMTBは要注意。
>価格や情報によっては魅力的に見えるバイクも、よく精査するとトレールでは使い物にならない機材が多くあります。
また、ヘルメットグローブ、服装等のライダーにまつわる装備も揃わない状況でのライドは本当に危険です。
ご都合もあるかとは思いますが、少しずづライドの時間、スキル、行動範囲、そして機材などを経験値と照らし合わせて変えて行ければ楽しいかと思います。

特にトレールライドではスキルと経験値が肝要です。
またライドの際には、トレール、自然環境に対して謙虚に対峙したいと思います。

 

 
以上の事から、当店でのトレールでのご使用を考慮したバイクの選択アドバイスとしては

*ホィールサイズは27.5もしくは29インチモデル。
>タイヤの太さは、3シーズン、自走ライドでご使用が現実的なので、そんなに太くないタイヤのバイクがお勧めです。
>バイクによっては、ホィールでのアレンジが出来ます(サイズ変換、チューブレス化など)

*サスペンションは体重やコンディションにあわせ、セッティングが出来るモデルが装着されているバイクが良い。
>後で交換も出来ます(バイクによります)
>近年のMTBはタイヤ、エアサスペンションとも、ライダーの体重にあったエア圧の
設定がとても重要です。


*ライド後のメンテナンス(掃除や定期的なOHなど)はとても重要です。
>バイク所有のランニングコストを軽減するためや、ライド中のトラブルを避けるためにも。

*普段使いライドでのご使用は、
お気軽にぜひお店でご相談ください!(#^.^#)

>カラーコーディネイト、カスタマイズなど色々とご提案出来ます!


*バイクを既にお持ちの方は、規格などの確認等もありますので、お手数ですがバイクご持参の上で、お気軽にご相談ください。
 

 

 




 

Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square